写真保存

icloud容量って購入すべき?しなくていい理由を解説

icloud容量って購入すべき?しなくていい理由を解説

「iCloud ストレージの使用容量が上限に達します。」

iphoneに写真でいっぱいで、消しても消しても容量不足…

どうしたらいいの?icloudの容量を購入しないといけないの?

でも一度容量を買ってしまったら、毎月支払い続けるのは大変…

なので、容量を追加購入する前に知っておきたい

  • icloudってどんな仕組み?
  • iCloudストレージの空き領域が不足って?
  • 無料の5GBでどのくらいの写真動画?
  • メリットデメリットやほかのサービス

について解説します!

ポイント!

icloud写真はバックアップとは違います!

iphoneから写真を消すとすると、icloudからも消えます!!

icloudを利用する前に、この仕組みだけでも、最低限知っておきましょう!!

icloud容量を購入する必要はない

私はicloud容量の追加購入をしていません。

今のicloudの容量はこんな感じ。

iCloud容量内訳使用しているApp

写真はオンになっていますが、

icloud写真オン

icloud共有アルバム以外はオフにしています。

icloud写真を使っていない

icloudの容量を消費しない

必要ない

ちなみに、写真・動画のバックアップもicloudでしていません。

なので、現在icloudの容量は1.7GBしか使用しておらず、icloudの無料容量(5GB)に充分収まっています。

icloudってどんなサービス?

icloud容量購入すべき

icloudは、Apple社の製品(iphone,ipad,mac)で利用できるクラウドストレージサービスです。

クラウドストレージサービスとは、wifiを使って、インターネット上にデータを保存(アップロード)するサービス。

icloud以外にもgoogle DriveやOne Drive(Microsoft)などがあります。

\その他サービスはこちらに詳しく/

icloudは、

  • iphone本体のデータをバックアップ
  • iphoneで撮った写真や動画を他の端末と同期
  • iphoneを探す

に利用でき、1アカウントに付き5GBまで無料で使えます。

同期とバックアップの違い

  • 同期…端末で削除すると、クラウドデータからも消えてしまう(※写真の場合は30日以内なら復元できます)
  • バックアップ…端末で削除しても、クラウドデータに残っている

icloudで写真を管理する方法は3つ

icloud写真オン
  • iCloud写真
  • マイフォトストリーム
  • 共有アルバム

この中でicloudの容量(無料で5GB)を使うのは、「iCloud写真」だけです。

iCloud写真(フォトライブラリ)とは?

icloud容量購入すべき

すべての写真とビデオをiCloudに自動的にアップロードして安全に保存し、お使いのあらゆるデバイスから、ブラウズ、検索、および共有できるようにします。

Apple iphone より

iCloud写真とは、iphoneで撮った写真や動画をWi-Fiを経由して、iCloudに保存(同期)する方法です。

デフォルトの設定がこれなので、ほとんどの人がiCloud写真を使っているんではないでしょうか?

でも勘違いしている人も多いのが…

icloud写真はバックアップではない

iphoneから写真を削除すると、icloud写真からも写真が消えます

iCloud 写真をお使いの場合、1 台のデバイスで写真やビデオを削除すると、同じ Apple ID でサインインしているほかのすべてのデバイスでも削除されます。

iPhone、iPad、iPod touch で写真を削除する - Apple サポート

icloud写真の流れは、こんな感じです

  1. iphoneで写真(動画)を撮る
  2. wifiの繋がっている場所で、icloudに保存される
  3. iphone内にコピーができる

この際に、iphone本体にコピーするサイズが選べます

  1. 「iPhoneのストレージを最適化」…縮小コピー
  2. 「オリジナルをダウンロード」…本体にフルサイズでコピー

基本的には「オリジナルをダウンロード」になっています

iPhoneのストレージを最適化すると…

iPhoneのストレージを最適化すると、iphone本体に残る写真動画は縮小コピーされたものになります

ポイント

  • iphone本体の容量を消費しない→本体の容量以上に写真動画を保存できる
  • iphone本体にデータがない→オリジナルデータをすぐに利用できない

のメリットとデメリットが両方あります。

iPhoneのストレージを最適化しても、本体容量に余裕があれば、オリジナルがコピーが残ります。
本体容量に余裕がなくなると、あまり使用していないものから順に縮小版コピーにされていく仕組みのようです。

iCloudストレージの空き領域が不足って?

私が去年実際に経験したのは…(子どもが2歳4歳で、iphone6Sで本体容量16GB)

step
1
iphone(iOS)のアップデートで使用できる本体容量が急に少なくなった…


step
2
iphone本体に写真動画が保存できず、写真動画が撮れなくなった…


step
3
写真動画を少しずつ消してたけど全然ダメ…


step
4
iPhoneのストレージを最適化


step
5
写真動画が撮れるようになった!


step
6
「iCloudストレージの空き領域が不足」でまた写真動画が撮れなくなった…

こまま

「ストレージを最適化」したのに、なんで空き容量が不足するの??

ストレージの最適化は、iphone本体の容量を減らしただけ

icloudの容量はどんどん増える一方だったんです。

結果、icloudが無料で使える5GBでは全然足りなかったということです…

その無料の範囲での利用が終わる、新たに月額課金が必要ですよというメッセージでした。

写真・動画を入れるなら、icloud容量の購入は必須

icloud写真を使うなら、課金が必須!5GBでは全然足りないんです…

容量月額料金
~5G0円/月
5G~50G130円/月
50G~200G400円/月
200G~2000G(2TB)1300円/月
iCloud のストレージプランと料金 - Apple サポート

ただ、50GBで毎月130円は、ほかのストレージサービスと比べて高い訳ではありません。

5GBって写真何枚?動画何時間?

私のiphone(SE2)の実際の写真容量を調べてみました!

  • iphoneで撮った写真…2MB~3MB(1500枚程度)※
  • LINEでもらった写真…670KB(7462枚程度)
  • 画面コピ(スクショ)した写真…157KB

※ちなみに外で撮った写真の方が容量大きかったです。

こまま

写真の内容によって、サイズが全然違いますね

iphoneSE2はのデフォルトの動画は、1080p HD/30 fps 1分間でおよそ60MBです※

このサイズだと、5GB(5000MB)=83分(5000÷60)の動画が入ります。

※iphone設定→カメラ→ビデオ撮影で変更・確認可能です

私のスマホ写真動画の枚数と容量は…

私は子ども写真動画も良く撮りますし、ブログ用の写真もめっちゃ多いです。

iphoneストレージ

写真動画で21GB…2020年7月からで4294ファイルありました。

こまま

あと10GBですね…そろそろヤバい…

iCloud容量が足りないとどうなる?

私自身経験したのですが、

  • 写真動画が撮れなくなる
  • バックアップができなくなる

バックアップができなくなるのも怖いんですが、何より写真動画が撮れなくなるのが一番困りました。

icloud写真のデメリット

  1. 無料の5GBでは写真・動画を全て保存できない(毎月の課金必須)
  2. iphoneから写真や動画を消すと、icloudの写真や動画も消える
  3. Wi-Fi環境必須(環境が悪いと通信時間がかかる)
  4. icloudからiphoneに写真を戻すのが大変(本体容量が足りないと戻せない)
  5. icloud写真から直接プリントやフォトブックなどほかのアプリで使用できない
  6. iphoneやめると、使えない

私がicloud写真(&最適化)をやめた理由は、写真プリントアプリでicloud写真に保存している写真が使えなかったこと。

今はicloud写真から選択できるアプリも増えましたが、今も使えないアプリは多くて、結局本体へのダウンロードが必要

最適化しなければいいんだけど、それだと本体の容量がすぐいっぱいになるしで、icloud写真にする意味がわからなくて辞めました。

icloud写真のメリット

  1. 制限内(5G)なら、無料で使える
  2. 難しい操作は一切なし
  3. 写真やビデオがすべてオリジナルの高解像度で保管できる
  4. icloud写真に入れたまま編集できる
  5. 写真共有に便利

Apple製品の中だけですべて完結&写真動画容量が少ないならすごくメリットあると思います!操作も簡単だし。

ただ写真動画が多い→本体容量も少ない→ストレージの最適化が必要→オリジナルがネット上にしかない状態に

私が利用しているiphoneSE2 64GBでも、50GB分の写真をオリジナルのまま端末に残すことはできないです。

アプリやその他システムだけでも20GB以上は使っているので…

こまま

16GBの端末がなくなるはずですね…去年変えておいてよかった…

icloud写真以外の選択肢は?

実は上記のicloudのメリットは、ほぼgoogleフォトと同じ。

最初のみgoogleフォトのアプリを入れて、設定する作業は必要ですが、

  • 無料容量がicloudより大きい15GB
  • Apple製品以外でも使える

ので、私自身もGoogleフォトを利用しています。

ただ、googleフォト特有のデメリットもあるので、注意も必要です

\googleフォト6月からの変更内容/

googleフォト有料化!いつまで無料?これまでの写真動画は?
Googleフォトの有料化!?今までの写真動画は?

続きを見る

\クラウドストレージ比較/

icloud写真をやめる方法

icloud写真をやめるには、iphone本体に空き容量が必要!!

step
1
iCloud→ストレージを管理

icloud写真にいれているのと同じ容量が必要なので、自分がicloudにどのくらい写真を入れているか確認します。

step
2
設定→一般→iphoneストレージ

iphoneの残りの容量をチェック

step
3
icloud→写真→オリジナルをダウンロード

iphone容量が残っていれば、icloud写真を本体にコピーします

※容量が足りない場合、iphone本体に残したくない場合は、PCにitunesアプリを使って保存することもできます。

step
4
AppleID→icloud→写真→icloud写真をオフにする

最後にicloud写真をオフにする

icloud写真をオフにしても、icloudに保存した写真はicloudに残っています

icloud内の写真動画を消して、空き容量を増やしたい場合は…

設定→一番上の名前(AppleID、icloud…)→icloud→ストレージを管理→写真→無効化して削除

無効化して削除

icloudから削除してからも30日間は復元できますが、iphone、PCに保存されていることを確認してから削除しましょう!

icloud容量を購入する前に!

ポイント

icloud写真はバックアップではない

iphoneから写真を削除すると、icloud写真からも写真が消えます

icloud写真は、iphone本体に写真動画を置かない代わりに、ネット上に保存する仕組みです。

  • いろんな端末から見られる!
  • iphone本体が故障しても安心!
  • iphone本体の容量が少なくなっても大丈夫!

といった利点はありますが、

  • iphoneから写真や動画を消すと、icloudの写真や動画も消える
  • ストレージの最適化すると、ほかのアプリで使えない
  • Apple製品以外で使えない

などのデメリットも。なので、

  • iphone、ipad、macPCなどのApple製品が家に複数ある(自動で共有)
  • アプリを増やしたくない、他のを使いたくない
  • 撮った写真動画を他のアプリ(写真プリントなど)で使うことはない

などの写真動画をiphoneなどのApple製品でしか見ない・使わない人以外には、icloud容量の追加購入をおすすめしません。

せっかく撮った写真や動画、スマホやパソコンに眠らせたままなんてもったいない!

撮った写真をみんなで楽しく見ながらバックアップ&整理ができるストレージがおすすめですよ

おすすめ
おもいでばこレビュー
おもいでばこを実際使ってレビュー。口コミ、比較、デメリットも【2021年1月新製品情報あり!】

続きを見る

-写真保存
-